八王子のインプラントの技術に期待

歯医者には虫歯治療で行くのですが、最近八王子のインプラントという言葉をよく耳にします。歯茎の下の骨に直接ねじの穴のようなものを埋め込み、その上にねじみたいなピンのようなものを差込、そこに人工の歯をかぶせて完成のような感じです。今までは歯が抜けると入れ歯しかないと思ってました。八王子のインプラントへの疑問がここで解決しました。入れ歯といえばおじいちゃんやおばあちゃんが、よくはずして洗浄してたり、ブラシで洗ったりあまりいい感じのものではなく、歳をとると自分も入れ歯をしなくてはならないのかと思うと「嫌だな」と思ってました。しかし八王子のインプラントという技術がどんどん身近なものになれば、コマーシャルでやっている入れ歯の洗浄や物を噛むときのわずらわしさから解消され、とてもいいものだと期待しています。