低騒音の風力発電を取り扱っている企業です

風力発電の問題のひとつとして、騒音をあげることができます。
風力発電というと大型の風車が動いている様子をイメージする方は多いでしょう。
大型の風車の場合はブレードがまわる音や稼動音が大きく、トラブルになったこともありました。
これに対して、ブルーコンシャス株式会社が取り扱っている風力発電機は、小形風力発電機というものであり、コンパクトな設計になっています。
また、ただ小型であるということだけでなく、騒音に対する配慮もされているのが特長のひとつです。

ブルーコンシャス株式会社が取り扱っている小形風力発電機には新しくつくり出されたサイレント・ディスラプタ方式が採用されています。
これにより、大幅に音を小さくすることに成功しているのです。
そのため、住宅地に設置し、稼動させることも可能となっています。
ただ単に低騒音化されているだけでなく、先述したコンパクトであるということも、ひろびろとしたスペースに乏しい住宅地での導入に適している理由のひとつといえるでしょう。

ブルーコンシャス株式会社について詳しくはこちら