震災など万が一の出来事が起きた時の備え

東日本大震災以降、日本国内では、毎年のように震災が起こっております。
今年も新型コロナウイルスだけでなく、歴史的に見ても珍しいほどの雨が降り続けた為、熊本県などでは川の氾濫があり、多くの方が犠牲となりました。
現状では、日本国内の震災は無くなることはありません。
震災のテレビを見ている方は、他人事だと思わずに、もしかしたら自分にも起こるかもという気持ちで備えなければいけません。

災害への備えとして重要なことは、家族で避難する場所を決めておくこと、安否確認する方法、食料や飲料などを備蓄しておく事、非常用の持ち出しバッグを用意しておく事、地震などの時にために家具の配置や地震でも倒れないようにするアイテムで補強しておくことなどが挙げられます。
災害時の食料や飲料、生活必需品を自宅のパントリーなどに保存しておくことは重要ですが、もし自宅がダメになってしまった時のために、他の場所にも保管しておくことはとても重要な事です。
例えば、ストレージ王のトランクルームサービスを利用して、食料や飲料、生活必需品を自宅とは別に保管しておくのもおすすめです。
自宅から程よい距離にあったり、ハザードマップ上で安全な場所にあるトランクルームでしたら、安心して保管することができます。